本サイトについて

あご,首などの吹き出物の原因や対策を紹介!顔の口の周りなど吹き出物が出やすい場所、フェイスラインには気をつけましょう。舌のブツブツやデキモノなどの病気は口内炎が多いですが、舌ガン(がん,癌)のことも!舌の痛みやしびれには注意しましょう。肌荒れの原因と対策について。肌荒れのときの食事はビタミンを!サプリでも効果ありです。薬に頼らず肌荒れやにきびは治療できます。

<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

あごや首の吹き出物の原因は食事にあり

 あごや首の吹き出物の原因にはいくつかありますが、本記事では食事に絞って話をすすめます。あごや首の吹き出物の原因としてよくいわれるのは肉類と糖分を食べすぎているという点。
 これは皮膚科のお医者さんもおっしゃっていますね。肉類とはいっても、動物性の脂肪が吹き出物の原因になるようですから、鶏肉は食べても影響が少ないようです。
 そして、じつは肉類よりも糖分のほうが危険なのだとか。
 特に精白された砂糖はまったく口にしないくらいの気持ちでいたほうがいいと、皮膚科のお医者さんがいっていました。砂糖を摂りすぎると、脂肪にならなかったぶんが酸性にかたむいてニキビになるのだそうです。
 あごや首にできる吹き出物の原因のひとつは肉と砂糖だとお話しました。では、できてしまった吹き出物はどうすれば消えてくれるのでしょうか。
 肉と砂糖をひかえるだけでも効果はでてくるでしょうけれど酢を摂取するのも効果的なのだそうです。
 テレビのCM等で黒酢をよく目にするようになりましたが、あの黒酢はニキビにも効くのですね。リンゴ酢もいいようですので、食後の口直しにコップいっぱい飲むことから試してみてはいかがでしょうか。

あごや首の吹き出物の原因はメイクにあり

 あごや首の吹き出物は胃が弱いかたにでやすいといわれています。肉類や糖分も原因にあげられていますね。吹き出物は食事や食事を消化する内臓に関連しているわけです。
 ですが、本エントリではあえて別の面からあごや首の吹き出物の原因を探ってみます。食事以外に吹き出物がでる原因のひとつはメイク。
 これは女性のかたに多い原因でしょうね。お酒を飲みすぎてメイクを落とさないまま寝てしまって朝までそのまま。徹夜で仕事をしていたため化粧をしたまま朝を迎えた。
  そんな理由でメイクを落とさなかったとすると、ファンデーション等によって毛穴はふさがれたままです。人間の体から見れば化粧の粉はゴミと同じですので不衛生になるんですね。
 だから、吹き出物ができてしまいます。また、メイクは毎日必ず落としているよというかたでも、落とし方が完全でないとやっぱり吹き出物の原因となってしまいます。
 あごや首に吹き出物ができて困っている方はクレンジングをしっかりと念入りにおこなってみてください。

あごや首の吹き出物の原因は

 あごや首の吹き出物の原因は肉類や糖分の摂りすぎ、メイク落としをしなかったため等があげられます。
 男性なら雑菌だらけのヒゲそりを使ったために吹き出物がでてしまったというケースも考えられますね。
 本記事ではさらに別の原因を探っていきます。まず、吹き出物の原因で忘れてならないのはストレス。
 胃が弱いかたにあごや首の吹き出物がでやすいといわれるのは、このストレスも関係しているんですね。現代日本でまったくストレスなく生活するのはむずかしいですが、最近では癒し系のサービス等もありますので利用してみてはいかがでしょうか。
 もちろん、自分流のストレス発散法もいいですね。そして、やはり口にいれるものには気をつけましょう。食事に限ったわけではなく、薬やサプリメントにもご注意ください。
 軽度のアレルギーがあると吹き出物の原因になったりしますから。
 また、ダイエットサプリにはとうがらし成分が含まれているものがあります(発刊作用をうながすためでしょう)。
 とうがらし成分が多量にふくまれていると内臓が荒れてしまうかたがいます。内蔵は体の表面にも影響をあたえていますので吹き出物がでてしまうんですね。
 あごや首の吹き出物の原因には様々な理由があります。自分がどの原因に該当するのかすぐにはわからないと思いますので、ひとつひとつ改善していきましょう。

舌にブツブツができる原因とは?

舌にブツブツができてしまうのには、いろんな原因が考えられます。溶連菌(溶血性連鎖球菌の略称)と呼ばれる細菌が咽喉に感染してしまい起こってしまう病気があります。
 潜伏期間としては、2日から3日で症状は発熱や咽喉での痛みを伴い、また全身に細かく赤い発疹ができてしまい、舌がイチゴのように赤くブツブツします。
 これを「いちご舌」と呼びます。溶連菌自体はあまり抗生剤に対して強くはないので、抗生剤を飲むと一日位で熱も下がり咽喉の痛みもやわらいできますが、もし、ここで薬を止めてしまったら腎炎や心臓を悪くしてしまう、リウマチ熱(咽頭炎・扁桃腺炎後2〜3週で発症、心内膜炎を起こし、関節・皮膚・線維組織・血管などが冒されること)になったりしますので気をつけて下さい。
 また、合併症予防のため、通常抗生剤を10日から14日間内服してください。
 治療をきちんと受けていれば、まずは合併症は予防することはできます。しかし、はしかなどと違って生涯免疫ができるわけではありませんので、お薬を止めてしまうとまたすぐにかかってしまう人もいます。

舌のデキモノの正体とは?

 舌のデキモノにはいろいろな種類がありますが、そのままにしておいても大丈夫なものと命にかかわるような悪性のものもあります。
 舌にできるデキモノの色は、白っぽいものや赤みのかかったものがあり、舌の下の部分が白くなっている場合は、白板症(肉眼的に粘膜が白色を呈することを示す臨床的用語)といって舌の癌につながります。
 舌のデキモノの中で命に関わる「舌癌」の特徴は、初期の症状の場合多少の痛みがある程度で、潰瘍などは、硬くないのですが、舌癌のデキモノは硬いのが特徴です。
 舌癌が進行してくるにつれて、出血したり、口臭がとてもひどくなってきます。
 潰瘍や口内炎は自然に治ることが多いのですが、もし、2〜3週間しても潰瘍や口内炎が治らない場合は、早めに診察してもらうことをおすすめいたします。
 尚、舌癌は自分で発見することができる数少ない癌でもありますので、早期に発見することによって完治できる可能性が高い病気なのです。
 また、過度の喫煙や飲酒なども舌癌の原因と言われています。

舌にできる口内炎対策

 舌の先、裏、奥、横や付け根など口内炎ができる場合があります。その口内炎にもいろいろな種類がありますが、もしかしたら重い病気の前兆であるかもしれません。
 舌癌であるケースもありますので、舌のブツブツやデキモノがひどくなるようであれば、病院の咽喉科や歯医者などで診察をされて下さい。まず、その症状を治療するには、原因が分からないと困難です。
 市販で売られているお薬などで一時的に治すこともできますが、舌が白い、荒れる、微熱がつづくなどの症状があれば、すぐに病院で診てもらうべきです。
 もし、夜中で病院に行けないなど事情がある場合などの対策方法として、まず「はちみつ」、口内にはちみつを塗ります。
 はちみつは唇などの荒れも治す効果がありますのでそれと同じです。
 次に「アロエ」、やけどした場所にに貼れば炎症を抑える効果があるアロエの葉の皮をむき、ゼリー状の部分を口内に当ててみて下さい。
 (苦さは我慢して!)そして、「ティーツリーオイル」、ティーツリーオイルには、殺菌効果や消毒作用の高い成分が含まれているので、そのまま患部につけたり、薄めてうがいすることで効果があります。
 最後に「うがい」、とにかく、お口の中を清潔にすることです!

あごや首の吹き出物
あごや首の吹き出物の原因はメイクにあり
あごや首の吹き出物の原因は
舌のブツブツ
舌にブツブツができる原因とは?
舌のデキモノの正体とは?
舌にできる口内炎対策
肌荒れ
美肌は一日にしてならず・・・
皮膚の周期で肌荒れの原因と対策
バランスの良い食事で肌荒れ対策
リンク
リンク集1
リンク集2
リンク集3

運営者情報

【運営者情報】
当サイトはリンクフリーですが、次にあげるような内容のサイトはお断りします。
・アダルト関連の記事を扱うサイト
・誹謗中傷を主としたサイト
・著作権侵害の恐れがあるサイト

プライバシーポリシー

当サイトは、サイト内の広告利用状況の集計のために、クッキー、ウェブ・ビーコンといった汎用技術を用いています。
取得したホスト情報などは広告利用状況の集計にのみ利用することをお約束いたします。

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

健康食品